厚岸漁業協同組合直売店

太平洋シーサイドラインの厚岸大橋のたもとに位置する直売所。「エーウロコ」という愛称が付いています。有名な厚岸産のカキは当然のこと、昆布などの海産加工品や旬の魚介を販売しています。太平洋シーサイドラインの移動途中などにはぜひ立ち寄りたい直売所です。

カキがお目当てなら「カキえもん」の購入を!

太平洋シーサイドライン沿いに建っています

お手頃価格の「マルえもん」

カキ、アサリ、ホタテ、ツブなどの貝類はもちろん、北海シマエビ、花咲ガニ、厚岸産大黒しまえび、毛ガニ、サンマ、サケと漁協ならではのラインアップ。
多くの人が地方発送する人気店になっています。

直売所ならではの品が、「カキえもん」とネーミングされた純厚岸産完全養殖のカキ。
スーパーなどで市販される「厚岸のカキ」は、「マルえもん」と呼ばれる厚岸海域養殖物なので、せっかく直売所に来たのなら、「カキえもん」の購入を。

「森、川、湿原・厚岸湖、厚岸湾、そして沖合という厚岸ならではの自然の連鎖が生み出す魚介は、脂ののりや甘みなどひと味違います」とのこと。

生食用の剥きガキ

夏なら近海物のトキシラズも並びます

カキえもん、マルえもん、ナガえもんとは!?
カキえもん(純厚岸産完全養殖カキ)=採卵・受精・飼育・育成・販売の一貫を厚岸町に関わる水産事業者が行なうこだわりのカキ。
マルえもん(厚岸海域養殖物)=おもに全国に出荷されているのがこのタイプ。1年ほどの稚貝を移入し、厚岸の海域で1年〜3年ほど育成させたカキ。
ナガえもん(厚岸海域蓄養物)=巨大なカキ。三陸海岸(宮城県・岩手県)から2年~4年物のカキを移入し、厚岸の海域で数ヶ月育成し、サイズや実入りの肥大を行なったもの。


 

厚岸漁業協同組合直売店 DATA

名称 厚岸漁業協同組合直売店/あっけしぎょぎょうきょうどうくみあいちょくばいてん
所在地 北海道厚岸郡厚岸町港町5-3
公式HP http://www.a-uroko.or.jp/
電車・バスで JR厚岸駅から徒歩17分
ドライブで 釧路空港から約69km
駐車場 20台/無料
問い合わせ TEL:0153-52-0117

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!