caffe kaiyodai(開陽台展望館)

「地球が丸く見える」がキャッチフレーズの開陽台展望館の1階にあるカウンター席だけの店。窓際にカウンター席が用意されているので、広大な中標津町営開陽台牧場、根釧原野のかなた、根室海峡に浮かぶ国後島など周囲の眺めを楽しみながら自慢のジェラートやソフトクリームが味わえます。

ジェラートシレトコが味わえる

中標津町(なかしべつちょう)にあるスイーツ・ドーナツ工房「シレトコファクトリー」の直営店。
「開陽台しあわせのはちみつソフトクリーム」は、ソフトクリームにはちみつがトッピングされたもの。

地元・中標津産の生乳を使用しているのはもちろんのこと、トッピングのはちみつは、カフェのスタッフ自らが開陽台の麓で「定置式養蜂」を用いて採取したクローバーはちみつなのだとか。

地元で50年養蜂を営んできたベテラン養蜂家に師事し、巣箱を譲り受け試行錯誤からスタート。
しかも今では数少ない「定置式養蜂」(木で重箱式の巣箱を作り、蜂が来そうなところに置くスタイル)を用いているのです。
「花がクローバーくらいなので雑味がないスッキリとした味わい。そして甘過ぎないさっぱり感が特徴のはちみつ」とのこと。

採取量も限られるので、caffe kaiyodai(開陽台展望館)だけの限定の味となっています。

「はちみつミルク」などのドリンクや「カイヨウダイはちみつカレー」など

中標津町の人口は2万4000人。牛の数は約4万頭。
そんな中標津町で、しかも北海道屈指の展望台に来たのなら、ぜひとも「展望台で、乳製品を、のんびり」味わいたいところ。
 

caffe kaiyodai(開陽台展望館) DATA

名称 caffe kaiyodai(開陽台展望館)/かふぇかいようだい(かいようだいてんぼうかん)
所在地 北海道標津郡中標津町開陽
関連HP https://www.nakashibetsu.jp/
電車・バスで JR釧路駅から阿寒バス標津行きで2時間、中標津下車、タクシーで15分
ドライブで 根室中標津空港から道道150号(摩周湖中標津線)を養老牛温泉方面へ走る。開陽交差点を越え24線をそのまま直進し、北19号にぶつかるT字路を右折すると開陽台入口の上り坂
駐車場 60台/無料
問い合わせ 中標津町観光案内所TEL:0153-73-4787

ジェラートシレトコ

2017.05.17

開陽台展望台

2017.05.17

開陽台で「シレトコ・ジェラート」を味わおう

2016.06.16

地球が丸く見える!? 「開陽台展望台」

2016.06.16

【地図で解説】中標津空港から開陽台経由で世界遺産・知床羅臼へ

2016.06.13

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!