東亜珈琲館

千歳の中心街、仲の橋通り商店街にある純喫茶。昭和49年の創業で、昭和56年に現在地に店を構えました。主人の鈴木英範さんによれば、東亜という名は、土地柄、パイロットやCAなどの利用も多く、これから伸びるとの期待を込め、当時の国内線三番手の「東亜国内航空」(後の日本エアシステム)にあやかって名付けたものとのこと。

千歳中心街にコーヒー通が通う店、健在!

豆にこだわる主人の鈴木英範さん

自慢のコーヒーをぜひ

コーヒーは生豆を独自に焙煎して豆の販売も行なっているため、香り高く通もうなるおいしさ。
新千歳空港のスーパーラウンジもここの豆を使っているそうです。

ブレンドではなく、コロンビア、マンデリンなどストレートコーヒーを頼む常連も多いとか。
ブルーマウンテンで500円台という手頃な値段。
「日中はネルドリップで落としています」とのこと。

8:00〜11:00にはモーニングサービス、平日の11:00〜14:00には日替わりランチも用意。

札幌大通店(札幌市中央区大通西3-11)もありますが、千歳市の仲の橋通り商店街が本店です。

 

東亜珈琲館 DATA

名称 東亜珈琲館/とうあこーひーかん
所在地 北海道千歳市清水町4-19-1
関連HP http://web.hello-chitose.jp/toua/
電車・バスで JR千歳駅から徒歩10分
ドライブで 道央自動車道千歳ICから約2.3km(4分)
駐車場 6台(店舗南側横)/無料
問い合わせ TEL:0123-24-9699/FAX:0123-22-2224

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!