第23回あばしり七福神まつり(網走市)

初秋の風が吹く(毎年9月の第1土・日曜)、道東・網走の網走中央商店街(アプト4=4条通)を会場に、網走中央商店街振興組合が主催するのが『あばしり七福神まつり』。地元特産品や全国各地の物産・味覚等を集めた、市民参加型で、観光情報の発信も含めた総合的なイベントになっています。

4条通をホコテンにして「仮装七福神・宝船行列」が巡行

東2丁目から西3プラザにかけて市民が仮装した「仮装七福神・宝船行列」が巡行するほか、会場では人気の「うまいもんフェア」、コンサート、ステージイベントが行われれます。
「うまいもんフェア」では地元の特産品だけでなく神奈川県厚木市の厚木シロコロ・ホルモン探検隊(厚木の食肉センターで処理される豚のホルモン)など全国各地から集まった味覚を楽しむことができます。

戦前は網走に七福神巡りの行事があった!

網走に七福神?と疑問に思う方も多いかと思います。
昭和4年、網走市内の有志7名が七福神の社祠を市内各所に建立。網走神社(北見国の一之宮)を起点とした3里(12km)ほどの道程を春秋2回市民が巡礼して回ったことが網走「七福神祭り」の始まり。
戦時中に祭りの実施が困難となり、七福神の祠も朽ち果て忘れ去られていました。
網走中央商店街振興組合が街区活性化のイベントを模索する中で、平成6年から戦前の「七福神祭り」の再興と網走の豊な自然に対する「収穫感謝行事」を融合させて、現在の『あばしり七福神まつり』として復活したのです。

【戦前の網走七福神は以下】
一、辨財天(桂ケ岡/居串栄治)
二、大黒天(御野立所/新谷順平)
三、恵比寿天(最寄浜/田邊村次)
四、寿老人(向陽ケ丘/木下八郎衛門)
五、毘沙門天(大曲明神山/伊谷平太郎)
六、布袋神(不動山/中川国蔵)
七、福禄寿神(天都山/林好次)

以上の七福神は、昭和56年6月10日、網走寿大学15周年記念行事として網走護国神社(網走神社の境内社)境内に合祀されています。

網走・七福神まつり

あばしり七福神まつり(網走市) DATA

開催日 2016年9月3日(土)〜9月4日(日)
開催時間 9月3日(土)11:00~19:30
9月4日(日)10:00~16:00
所在地 北海道網走市南2条西2丁目
場所 網走中央商店街アプト4
電車・バスで JR網走駅から徒歩15分
駐車場 50台(道の駅駐車場などを利用)/無料、その他周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 網走中央商店街振興組合TEL:0152-44-5546
公式HP http://abashiri.jp/tabinavi/index.html

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!