ウトナイ湖野生鳥獣保護センター

周囲9km、面積275haのウトナイ湖ですが、周辺の湿原を含めた510haが国指定ウトナイ湖鳥獣保護区として自然が守られています。そのビジターセンターとなるのが野生鳥獣保護センター。自然環境や野生鳥獣について展示解説するほか、野鳥を観察できる観察コーナー、自然観察の方法を学ぶ自然観察の手引きコーナーなどを用意。

ウトナイ湖の自然観察のためのビジターセンター

さらに150インチ大型スクリーンで、ウトナイ湖の四季の生態系などを紹介。

ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターとを結んで湖岸沿いに1.4km(片道20分)の自然観察路も用意されているので、これを歩いて自然観察が楽しめる仕組み。
バリアフリー区間も380mあるので車椅子の利用も可能です。
 

ウトナイ湖野生鳥獣保護センター DATA

名称 ウトナイ湖野生鳥獣保護センター/うとないこやせいちょうじゅうほごせんたー
所在地 北海道苫小牧市植苗156-26
関連HP http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/
ドライブで 道央自動車道苫小牧東ICから約4.3km(7分)
駐車場 80台/無料
問い合わせ TEL:0144-58-2231/FAX:0144-51-8600

ウトナイ湖

2017.05.28

道の駅ウトナイ湖

2017.05.28

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!