オムサロ原生花園

紋別市街から国道を北に走り、渚滑川(しょこつがわ)を渚滑橋で渡ると海岸沿いに5kmに渡ってオムサロ原生花園が広がっています。6月中旬〜7月にはハマナス、エゾスカシユリ、エゾカンゾウなどが開花し、珍しいシロバナハマナス(白い花びらのハマナス)があることでも知られています。また海岸の砂丘地帯にはエゾカワラナデシコの群落も。

流氷岬には遊歩道も整備

砂丘側の原生花園

ハス池を巡る木道

流氷岬にある「オムサロ・ネイチャー・ビューハウス」を起点に、ハス池を巡る手軽な木道も整備されています。
ハマナスの群落が有名です。

国道を挟んだ丘陵側にはオムサロ遺跡があり、公園として整備されています。

オムサロとはアイヌ語でオ・ム・サルルン(o-mu-sarorun=川尻・塞がる・湿地)と推測できます。
川向川の河口を塞ぐ湿地から名付けられたのでしょうか。

オムサロ原生花園 花の見頃は!?

センダイハギ:5月中旬~6月中旬
ハマエンドウ:5月中旬~8月中旬
ヒオウギアヤメ:6月上旬~6月下旬
エゾスカシユリ:6月上旬~7月下旬
ハマナス:6月上旬~9月中旬
シロバナハマナス:6月上旬~9月中旬
ナミキソウ:6月中旬~9月中旬
エゾカンゾウ:7月上旬~8月下旬
ヤナギラン:7月上旬~8月下旬
エゾカワラナデシコ:7月中旬~9月上旬

シロバナハマナス

ヒオウギアヤメ

 

オムサロ原生花園 DATA

名称 オムサロ原生花園/おむさろげんせいかえん
所在地 北海道紋別市渚滑町川向
関連HP http://mombetsu.net/
ドライブで オホーツク紋別空港から約15km。女満別空港から約117km
駐車場 30台/無料
問い合わせ オムサロ・ネイチャー・ビューハウスTEL:0158-23-4231

オムサロ・ネイチャー・ビューハウス

2017.05.21

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!