東海大学札幌キャンパスラベンダー畑「一般公開」

東海大学の「ラベンダーキャンパス化計画」で植栽された札幌キャンパスのラベンダー畑。もともとは、札幌市の南沢地区が日本のラベンダー栽培発祥の地だということにちなんだもの。さらに地域との交流促進という狙いもあって、2004年にはファーム富田の富田忠雄氏の指導で900株が植栽されました。丹精込めた手入れもあって、2014年に行なわれた「第1回さっぽろ景観総選挙」では堂々の3位に!

日本のラベンダー栽培を今に伝える

東海大学札幌キャンパスラベンダー
 
日本のラベンダー栽培は、戦前にまで遡ります。
昭和11年、曽田香料の創始者・曽田政治(そだまさはる)氏がフランス・プロバンス地方をに旅した際に、ラベンダーに出会います。
昭和12年、花の種5㎏をフランスから輸入して、北海道の北見と札幌、千葉、長野、岡山の5ヶ所で試作します。
試作段階では千葉、岡山が良好と推測されていましたが、実際に栽培してみると生育状態や色、香りは札幌が一番良好。

試作の結果を受けて昭和15年、札幌市南区南沢で16.4haにラベンダーが植栽され、昭和17年に日本初の蒸留によるラベンダーオイル抽出に成功しました。
これが、日本におけるラベンダー栽培のルーツとなっています。
残念ながらその耕作地は昭和47年に閉鎖されています。

現在、東海大学の札幌キャンパスに植栽されるラベンダーは、オカムラサキ、濃紫早咲3号、ヒデコート。合わせて3700株ほどが植栽されています。

東海大 札幌 ラベンダー
 

東海大学札幌キャンパスラベンダー畑 DATA

公開期間 7月初旬〜8月中旬
開催時間 9:00~17:00
料金 無料
所在地 北海道札幌市南区南沢5条1-1-1
場所 東海大学札幌キャンパスラベンダー畑
地図
電車・バスで 地下鉄真駒内駅からじょうてつバスで20分、東海大学前下車すぐ
ドライブで 道央自動車道北広島ICから18km(20分)。キャンパス内への車両乗入れは不可
駐車場 250台(学生駐車場を利用)/無料
問い合わせ 東海大学札幌キャンパスTEL:011-571-5111

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!