第9回北海道亜麻まつりin当別

ヴィレッジ・シンガーズの『亜麻色の髪の乙女』(作詞:橋本淳・作曲:すぎやまこういち)、最近では島谷ひとみもカバーして注目を浴びました。さてさて、亜麻色って何色? その疑問を解決するイベントが亜麻栽培復興の地、北海道・当別で開催の『北海道亜麻まつり』。

そもそも、『亜麻色の髪の乙女』の亜麻って何?

『亜麻色の髪の乙女』というフレーズは、ルコント・ド・リール(Charles-Marie-René Leconte de Lisle//1818年〜1894年)の詩で、クロード・ドビュッシー作曲の『亜麻色の髪の乙女』(La fille aux cheveux de lin/1919年)に由来。

亜麻色の元になったアマ(亜麻、学名:Linum usitatissimum)は、アマ科の一年草。日本では北海道だけで営農的な栽培が行なわれています。
繊維は高級衣料の原料にもなりますが、注目は成熟した亜麻の種子から得られる亜麻仁油(アマニ油、linseed oil / flaxseed oil)。
代表的なω-3脂肪酸であるα-リノレン酸をはじめとする不飽和脂肪酸に富み、栄養サプリメントとしても販売され、目下、脚光を集めています。

亜麻
 

亜麻の産地・当別で開花期に行なわれるのが『亜麻まつり』

亜麻の産地である当別町では、亜麻の花が見ごろとなる時期(6月下旬~7月上旬)に合わせて『北海道亜麻まつり』が開催されています。

亜麻に関する展示、当別町内の農産物販売、亜麻の実を使った食品を扱った飲食ブースの設置のほか、『亜麻色の髪の乙女』を題材とした歌唱コンクールも実施。

ちなみに亜麻色(#C7B897)とは、亜麻を紡いだ糸の色のような黄色がかった薄茶色(薄い栗色)。日本古来の伝統色ではなく、明治以降に使われるようになった比較的新しい色名。
ロシア公使だった榎本武揚が寒冷地に適した亜麻の栽培を推奨。開拓使によって北海道での栽培が始まりました。

北海道亜麻まつりin当別 DATA

開催日 2016年7月10日(日)
開催時間 7:00~13:30
所在地 北海道石狩郡当別町東裏2796-1
場所 旧東裏小学校
地図
電車・バスで JR石狩当別駅から亜麻まつり会場まで循環バス(7:45、9:15、10:45発が運行)で15分
問い合わせ 当別町観光協会TEL:0133-23-3073
亜麻の里TEL:0800-900-4149
関連HP http://portal.town.tobetsu.hokkaido.jp/

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!