しれとこ斜里ねぷた

1807年(文化4)年、北海道周辺に出没するロシア船に備え、幕府から斜里での警備を命じられた津軽藩士100名のうち、72名が、飢えと寒さにより死亡した津軽藩士殉難事件が起こりました。そうした苦難の歴史を背景に、青森県弘前市と斜里町は姉妹関係に。毎年、7月第4土曜と前日の金曜には『しれとこ斜里ねぷた』が開かれています。

夜のねぷた運行がハイライト

昭和47年に津軽藩士殉難慰霊碑が建立され、これが縁となり、弘前市と昭和58年2月12日に友好都市の盟約が交わされ、当時、門外不出の『弘前ねぷた』が斜里町に伝授され、『しれとこ斜里ねぷた』として昭和58年に初めて開催されました。

最大の見どころは、ねぷた運行で、大小さまざまな扇ねぷたが「ヤーヤドー」の掛け声とともに町内目抜き通りを練り歩きます。

ねぷた運行日の前日から青森県弘前市の特産品の販売も行なわれますので、お見逃しなく。

例年の行事予定

例年のスケジュールです。詳しくはご確認ください。

1日目(金)
『津軽藩士殉難慰霊祭』=10:00~/会場:津軽藩士殉難慰霊碑前(斜里町役場北側駐車場裏)
ねぷた出陣式=18:40~/会場:斜里町役場前広場
ねぷた運行=19:00~21:00/町内目抜き通り

2日目(土)     
ねぷたフェスティバル=14:00~15:30/道の駅しゃり交流広場
ねぷた出陣式=18:50~/斜里町役場前広場
ねぷた運行=19:00~20:40/町内目抜き通り

道の駅しゃりの弘前物産展(10:00~20:00)は前日より開催
 

しれとこ斜里ねぷた DATA

開催日 7月第4土曜と前日
関連HP 斜里町
所在地 北海道斜里郡斜里町本町49-2町民公園内
場所 津軽藩士殉難慰霊碑前(斜里町役場北側駐車場裏)、斜里町役場前広場など
電車・バスで JR知床斜里駅から徒歩15分
ドライブで 女満別空港から約54km
駐車場 臨時駐車場を利用
問い合わせ 友好都市弘前ねぷた斜里保存会事務局TEL:0152-23-3131

津軽藩士墓所跡・津軽藩士殉難慰霊碑

2017.06.01
             

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!