第40回なよろ産業まつり~もちごめ日本一フェスタ~(名寄市)

国道40号沿いの道の駅も「もち米の里☆なよろ」と、日本一の作付け面積を誇るもち米の町、名寄市。市の基幹産業である農業、農産品をテーマに開催されているのが『なよろ産業まつり~もち米日本一フェスタ~』です。

もち米生産日本一の名寄の産業まつりは、真夏のもちつき大会も

名寄地域の中でも稲作をしている地域は、風連地区と名寄地区。
名寄地区がもち米栽培に着手したのは昭和45年で、うるち米の生産の北限で、厳しい気候条件からもち米に転作。昭和54年にはすべてもち米に。伊勢名物で有名な「赤福」の原料になっているのも名寄市産のもち米です。

『なよろ産業まつり』では、名寄産の農産物の直売会のほか、大もちつき大会、ステージイベントなどを開催。さらに木工製品手作りコーナー、牛の丸焼きコーナーなどの地元畜産物を味わえるコーナーも用意されます。

名寄産業まつり
 

なよろ産業まつり~もちごめ日本一フェスタ~ DATA

開催日 2018年8月26日(日)
開催時間 9:30〜14:30
所在地 北海道名寄市日進
場所 なよろ健康の森
地図
電車・バスで JR日進駅から徒歩12分
駐車場 500台/無料
問い合わせ 名寄市経済部農務課農政係TEL:01654-3-2111
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!