鴎島灯台一般公開

北前船が西国と蝦夷地を往来した時代、江差の春として大いに賑わった江差湊。江差が天然の良港だった理由が、沖に天然の防波堤である鴎島(かもめじま)が浮かぶから。その鴎島にある航路標識が鴎島灯台です。

明治時代には北前船の安全を守った

明治22年9月15日設置という鴎島灯台ですが、『第63回かもめ島祭り』の行事の一環として内部が公開されます。
江戸時代には油や木を燃やす灯明台が築かれていたのだとか。
現在では地上から灯台頂部まで12m、水面から灯火まで36mという立派な灯台に生まれ変わっています。

鴎島灯台一般公開 DATA

開催日 2016年7月3日(日)
開催時間 10:00〜
所在地 北海道檜山郡江差町鴎島
場所 鴎島灯台
地図
電車・バスで JR江差駅からタクシーで5分
ドライブで 函館空港から道道63号を経て、国道278号を函館方面に、湯川温泉の交差点を右折、道道83号から571号をを経由して5km、さらに直進して国道228号に入る、松前方面に4km右折して国道227号に入り60km
駐車場 200台/無料
問い合わせ 函館海上保安部交通課TEL:0138-42-5658

TEL0138-42-5658

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!